月別アーカイブ: 2019年12月

痴漢待ち合わせ

 痴漢待ち合わせが趣味の、33歳男です。
ネットには、痴漢されたいエッチな女の子がたくさんいます。
痴漢待ち合わせというのは、合意のうえでの痴漢行為なのですから、逮捕される危険もない。
もちろん誤って相手を触ってしまうなんて言うパターンまでありますから、そこは慎重に物事を運びます。
痴漢されたい女の子とネットで知り合ったら、交流をしっかりする。
痴漢する前には、顔を合わせてお話をする。
こうすることで、相手を取り違えることもありません。
実際に痴漢されたいこと出会いやすいのか?
これは出会いやすいと言います。
今まで何回も、痴漢待ち合わせで女の子の下半身を触りまくっているのです。

 最近だと、この前までJKだった18歳と待ち合わせすることになりました。
「制服があるなら、それ着てくれない?」
「大丈夫ですけど…」
「できれば激しくミニスカにして」
「は、はい…」
痴漢
「生パンで」
「は、はい…」
かなり恥ずかしがってはいたのですが、その子は拒否する態度は有りませんでした。
彼女の気持ちの整理が付くまでは待つことにして、交流を続けました。

 無事に痴漢待ち合わせで会うことに。
制服姿だと、本当に現役JKのように見えました。
若いだけに可愛らしい雰囲気が漂う。
若い相手と痴漢待ち合わせができて心が弾みまくってしまった感じです。
一緒に電車に乗って体を密着。
満員電車の中で、女子高生のコスプレをした女の子の下半身を触って行く。
ピチピチの太もも。
大きなお尻の膨らみ。
スカートに手を入れれば生パンの感触。
股間も元気イッパイに立ち上がり、彼女の体に密着させてやりました。
相手も、かなりそれで興奮してしまっているのが分りました。
顔を赤くしてうつむいていました。
その表情がエロすぎちゃって、我慢も限界という気持ちになってしまうのでした。

 数回ほど、この女の子とは痴漢待ち合わせを楽しみ、その後ラブホテルで一戦交える関係を作れました。
楽しいですよね、痴漢を合意でやるって!
コスプレ
痴漢されたい

お金欲しい掲示板

お金欲しい掲示板には「明日までにお金が揃わなければ首を括らなくてはなりません」と人生に切羽詰まった感のある書き込みから、「お金ちょーだい☆」と、まるでコンビニで新作アイスを買う小遣いをねだるようなお気楽な書き込みまで、さまざまな背景がある。まあ、僕は人の一生をお金で救えるような、人間的にも経済的にも余裕のあるたいそうな人間ではなくて、若い女の子にお小遣いをあげて悦に入っている偽善者である。お小遣いと引き換えにあれやこれやと楽しませてもらっているのだから、心根は悪人よりかも知れない。
「そんなことないと思いますよ。私もオジサマに救われていますし」
その掲示板で知り合った巴ちゃんが、そう言って慰めて?くれた。
巴ちゃんは「明日までにお金が必要」とか言う人生瀬戸際なわけではなく、お小遣い目当てのJKだった。それこそ小銭単位だ。まあ、額が額だけに軽くお茶飲んでそれだけだ。別れた後は、本当にコンビニに入ってアイスを買っていたりする。デート援と言えばデート援なのだが、例えるならちょっと高めなアイドルとの握手券を購入しているような感じだ。
お金でセックス
「毎日、コンビニでアイスが食べられるだけでも私は救われているんです」
貧乏育ちのだった巴ちゃんはお小遣いも貰えず友達が食べているアイスをうらやましく眺めているだけの日々だった。そんな彼女を救ったのは友達のスマホを借りてアクセスしたお金欲しい掲示板だったそうである。彼女の友達も実際にそこを使って、万単位で稼いでいるらしい。
ただ、巴ちゃんはさすがにそこまでやる気はなくて、アイスくらい買えたらいいかなーとその程度の募集にしたところ、引っかかったのが僕と言うわけだ。僕もまた、これでいいと思っている。わずかなお金で救われた気になってくれたのなら、僕の善は偽善ではなくなるのだから。
「ところで」
巴ちゃんがイーッと歯を見せた。
「アイスばっかり食べていたら虫歯になっちゃって」
まさか、虫歯治療費を援助することになるとは思っていなかった。
プチ援助交際
プチ援助交際