ノンケのちんこ

ノンケのちんこに興味があって、一番遭遇できるのはやっぱり神待ちかなと思っています。神待ちと言うと家出少女が男性に家に泊めてもらうお礼に体を提供すると言うイメージが強いと思うのですが、それの男性バージョンも多いんですよ。男の子が神待ちしているケースもけっこう存在します。多感な年ごろの高校生くらいだったら、親とケンカして家を飛び出してくるなんてよくあることなんですよ。
僕も独り暮らしで部屋には余裕がありますから、部屋を提供するくらいはできるのです。でも、女の子には興味がないのでもっぱら男の子中心ですね。まあ、ノンケのちんこをフェラくらいできれば最高なんですが、さすがに無理強いはしません。ご飯をおごってあげて話を聞くだけでも僕は楽しいんですよ。若い男の子と一つ屋根の下で一夜を過ごすと言うシチュエーションだけで十分です。
ノンケがいる出会い系
ただ、この前、神待ちで拾った男の子が僕のドストライクだったんですよ。どこかの芸能事務所にでもいそうなタイプで、これは磨けば光る玉だなと思いました。話を聞くと自分の不幸は全て家庭の所為にしてしまうような子供っぽいところもあって、その辺もまた青っぽくてかわいかったのです。
何とかこの子のちんこを見れないかなあと模索していると、向こうから「お礼に風呂で背中くらい流させてください」と言ってきたのです。こうなれば、こっちの流れです。「セックスしたことある?」と言う話から「男が相手ってどう?」と言う流れになり、結果的に僕はノンケのちんこをフェラできました。童貞と言うことでしたが「オナニーより数段気持ちイイ」と言ってくれて僕も満足でした。
ただ、翌日に目が覚めると彼はいなくなっていました。同時に財布の中からお金はごっそりと抜き取られていました。まんまとやられてしまった形です。本来ならばフェラをしたこちらがお金をもらわなくてはならないのに、なかなかにひどい話です。タダでノンケのちんこを咥えられるほど、世間は甘くないと思い知った次第です。でも、なかなかにかわいいちんこだったのでまあいいか。
フェラ友
フェラしたい

セフレ探し

先輩のセフレ探し手伝え、みたいなこと言われたことある。
俺、割と女友達多くて、別にセフレとかそう言うんじゃなくて、普通に恋愛相談とかされるような、気晴らし要員としての普通の意味での友達ね。
それを何かの拍子に、俺の先輩が知ったらしくて「お前、女友達多いんだろ」って。
セフレ探しに協力しろ、みたいなことを言われた。
もちろん、断ったよ。
セフレになるような女の友達なんかいないもん。
その女友達と合コンセッティングしろ、みたいなことも言われたけど、みんななんだかんだで彼氏持ちだからね。
セフレ探ししてる先輩に紹介できる女の子なんていないって。
ちゃんとそう説明して断ったら「お前、使えねーな」って言われた。
余計なお世話だよ。
セフレ探しをしたアラフォー童貞がアラサー女子とセフレとなった経緯
仕事はちゃんとしてるし、別に人に迷惑かけてないだろ。
俺的には、会社のそういう先輩より、俺の友達の方が大事だってことだよ。
先輩のために一肌脱ぎましょう!とは言いたくない相手だったということな。
すごい好きな先輩とか、尊敬してる先輩だったら、セフレ探しくらい手伝ってあげたい、という気持ちになるかもしれないけどな。
セフレ探しを後輩に頼むような人間を尊敬するかどうかって言ったら・・・いや、しないけど(笑)
俺が女でも、ああいうセフレ探ししてるような男、イヤだもん。
紹介した俺の株を下げるだけ。
それにそもそもで、俺、女友達は多いけど、彼女いないんだよね~。
女友達も「私の友達紹介しようか?」とか「従妹が彼氏欲しいって言ってるけど、会ってみない?」とか言ってくるよ。
だけど、そういうことで友達使いたくないんだよ。
援デリとは
フェラ援

トイレフェラ

うちの父は犯罪者です。女子高生のスカートをスマホで撮り、その姿を警官にバレて連行されました。その後、母は父の事を呆れていましたが許しました。だけど、犯罪者には間違いはないから私はこの事を胸の奥にしまっておきました。そして、父との会話は無くなりました。
しかし、私達が言わなければ今回の事件は分からないと思っていましたがその現場に同じクラスの男子、寺田くんが見ていました。そこからは地獄が始まりました。
寺田くんは見た目は悪くないことが救いだけど私に弱みを掴んだこともあって、エッチが超好きというだけあってトイレフェラをさせられました。断りたかったけれど他の生徒に私の父が犯罪者だと言いふらすんじゃないかと思いトイレフェラをやりました。だけど、それ以上のこたは要求されないから良かったけれど、口に出されたアレを飲めと言うので本当に地獄でした。
相互オナニー
ところが、私が生理で具合が悪い時のことでした。相変わらず人気のないところで「今日もやれ。」と、要求した時に私の顔があまりにも顔色が悪かったので「お前、大丈夫か。やらなくていいから保健室一緒に行こう。」と、優しい言葉をかけてきました。その言葉が意外過ぎて驚いた顔を向けると「俺だって鬼じゃないし、なんだったらお前の事が好きだから付き合いたいと思っているし。」と、突然告白をされました。具合が悪かったはずなのにその言葉で一気に吹き飛び私はどんな顔をすればいいか分からなくなり、返事も出来ませんでした。「もう、トイレでやってと言わないから付き合ってください。」その言葉にどうすればいいか悩む私でした。
フェラ割
フェラ割

センズリ鑑賞

スカイプしてた人がセンズリ鑑賞?そういうのしない?って誘って来て、なんとなく断れなくて、そのままセンズリ鑑賞したことあるけど、ああいうのってあんまりそそられないね。
男のオナニー見てても、別にエッチな気分にならないじゃん。
オナニー見るなら、女のオナニー見たいかもしれない。
別にレズじゃないけど。
センズリ鑑賞なんて、ただの本能的反応に過ぎなくて、「そーゆーもんだよね」で終わっちゃう。
女のオナニーはもっと、「そ―ゆーもんだよね」ということじゃなくて、もっと別の・・・誘うような、誘惑されてるような感じになる。
男のオナニーは、そそらないんだよ。
つまんないし。
男の体自体がつまんない作りしてるからね~。
マンコ図鑑
女の体の方が変化があって、そそられる。胸があったり、くびれがあったり、マンコ周辺とかも、複雑な作りしてるし。
それに、お尻とかも、なんて言うか、触りたくなるよね、無意識に。
だけど、男の体は、がちっと何か甲羅みたいなので包まれてるみたいな?
柔らかさとか、色気とか全く感じないんだけど。
センズリ鑑賞で相手の男は「見られてると興奮する~」って言ってたけど、見てる方は全く・・・
男の生態がよく分かんないかもしれない。
女が快感でのたうちまわっている姿は興奮するが、男が快感で恍惚となっている状態では興奮しないよね。
自分がセックスしてる時でも、相手の反応がどうとかより、「自分が気持ちいい」とか「自分が快感を感じている」ということに対して、「女」というものに対してそそられている、という感じだもん。
オナ電
女性のオナニー

25歳独身女性歯科衛生士のワリキリ体験

高校生の時から付き合っている彼氏がいるのですが、エッチの相性があんまり良くないんです。
それ以外は最高で、優しくてかっこよくて大好きで、出来たらこのまま近い将来、結婚したいとも思っています。
でも、彼とのエッチで満足したことは一度もありませんでした。
だから、そっち方面ではいつも欲求不満がたまるばかり。

それを解消するために、出会い系サイトを使うようになりました。
最近よく利用してるのはJメール。
大切な彼氏がいますから、ワリキリでないと困るんですが、ここを使い出してから、ストレスなくスムーズに出会うことができるようになったんです。

先日、知りあったAさんも、ワリキリの出会いを求めていました。
Aさんは年上の既婚者。お子さんもいるみたい。だから、ワリキリが一番気楽なんだとも言ってました。
意気投合して、さっそく会うことに。Aさんの方から待ち合わせ場所と日時を決めてくれました。
私は歯科衛生士としての仕事を抱えていますので、ちょっとムリを聞いてもらったんですが、大人なAさんは快くスケジュールを都合してくれました。

当日は少し待ち合わせに遅れちゃったんですが、Aさんは不機嫌な顔をすることもなく、やさしく私をエスコートしてくれました。
Aさんに連れられて、ちょっとオシャレなお店でディナー。
ワインが美味しくて、いきなりかなり酔っちゃったんですが、ホテルについた途端はじまったAさんの愛撫で、一気にその酔いが醒めました。
Aさんの愛撫、すごく優しいのに、とんでもなくエッチなの。
はじめて会ったのに、私の気持ちいいところを全部知り尽くしてるみたいに、舌と指を使って確実にポイントを攻めてくる。
エッチの相性がいいってこういうことなのかな?
とにかく気持ちよくて、単にワリキリで終わらせちゃうのが何だか勿体ないって思っちゃったくらい。

そんな私の想いを察知したのか、Aさんったら、笑いながら「ダメだよ。僕はいつでもワリキリオンリー」だって。
私だってそうだもんっ!って返したつもりだけど、Aさんのペニスに突かれまくってたから、うまく言葉にならなかったかも。
とにかく彼氏とのエッチでは満足できない私の貪欲な部分を、出会い系のおかげでうまく処理することができています。

38歳既婚男性公務員のイクヨクルヨ日記

私は結婚して16年になるのですが、これくらいになると妻とエッチすることもほとんどなくなりました。
ただ、女性とは関係を持ちたいという気持ちはこの年齢になっても衰えません。
そこで私は出会い系サイトで愛人になってくれそうな相手を探すことにしました。
そのサイトは「イクヨクルヨ」です。

ここで、私と同じように不倫をしたいという女性を探すことにしたのです。
ちなみに、同じように不倫したい女性とした理由は、安心感があるからです。お互い家庭を持っていれば、深入りせずに適度な関係を保てると思ったからです。
掲示板を使って募集をかけると、意外と不倫をしたい女性が多いことに驚きました。
男性と同じように、既婚女性も不倫したり恋をしたいのだなと思ったものです。

掲示板を募集してから2週間くらい、数人の女性とメールのやり取りをしました。
その中で私のタイプの女性と意気投合して、一度あってみることにしました。その女性は30歳既婚で子供が1人という女性です。
結婚してからすぐにセックスレスになり、今では旦那も浮気をしているということでした。
そこで、自分も不倫してやろうと思ったようなのです。

初めて出会った印象は、スレンダーで脚の綺麗な素敵な女性でした。
とても子供がいるとは思えません。
私は緊張で心臓がバクバクしてしまいました。
不倫をする後ろめたさはありましたが、それ以上にいけない事をするときのドキドキ感とこの女性の綺麗さに胸がときめいてしまいました。
私たちは、それからデートしたり飲みに行ったりしながら次第に関係を深めていき不倫関係になっていったのです。
エッチの相性もよくて、二人だけの濃密な時間を過ごしています。

今ももちろんこの女性と時間を合わせて不倫関係を続けています。ほんと「イクヨクルヨ」を利用してよかったです。